2019年8月18日日曜日

ベッド購入&引っ越し準備

ずーーっと悩んでいたベッド。

親が用意してくれたダブルベッドを手放すのか?
一応、私でも親に申し訳ないという気持ちがある。
置いていけば、この先ずっと呵責に苛まれるだろう。
だけど、ダブルベッド入れたら、可動域80cmしかとれない。
そこに引き出しが出てくる、扉が開くじゃ、動きづらい。
狭い空間と扱いの面倒さから、背負わされた恨みを抱くだろうな。
ヘルパーさんのお世話になる年齢になれば、狭いのはなお困る。

だけど、ここは思い切ってシングルに切り替えます!
だって新しい出発なんだから。
だって大昔に私が使ってたシングルベッドは妹がもっていっちゃっただろ。

ということで、ニトリに走りシングルベッド購入。
マットは、ノンコイルの厚さ10cmのものに。
これが、薄いのに私好みのちょい固め。
コイルがないので、非常に軽くて扱いやすいという優れもの!
ちなみにベッドフレームよりもグーンと高かった。

ついでに買った、3段脚立。
薄井工務店の家は、天井が240cmと高い。
そのため、部屋の窮屈感がぐっと薄まる。
我が明鏡亭のアトリエの天井は260cmという開放感。
だが、天井近くの作業に椅子に載っただけでは手が届かないのよね。


ベッドサイズの確認のため、明鏡亭内部に入る。
 作業用ゲートもなくなり人気のない、ちょっと寂し気な明鏡亭。
やっぱ、家には人がいるべきだな。

内部にはすでに棚などがつけられていた。
ん?? 棚の枚数あってる?
設計部長にメールしたが、他の部分も明日確認しに行こう。


引越に向けての荷造り中。
この部屋おかしいぜ。
段ボールに荷造りすればするほど、物がわいてくる。
明日もいくつか駆け回ることあるのに、本当に引っ越しできるのか?
業者さんに怒られないといいな。
(経験あり)


hiroko Inagaki art work

引越日程決まる

仕事の流れを考えると、引っ越し日程は自ずと決まる。
選択肢がないので、吉日云々は言っていられない。

引っ越し業者専門の検索サイトにて、慌てて一括請求。
東京での引っ越しの際には、この一括請求で30社ほどから連絡が来た。
また、お断りのストレスたまるなぁ・・・。

と、思ったら、地方都市の反応薄い!
それでも一気に十数社からのメールにげんなり。

が、ふたを開けたら、まずはアリさんが「営業エリア外」で脱落。
他数社が「指定日には配車手配がつかない」で脱落。
8月は法人依頼が多い月で、引っ越し業者は多忙とのこと。

そんなこんなでパンダの引っ越し業者に決定。
「0123」は、働き方改革なのか社員への配慮もあり企業姿勢に安心感があった。
配送ケアは大変魅力だったが、価格がダントツに高く断念。
電話のみの見積もり業者に、安い提案もあった。
が、以前、それで積み残しが発生した大失敗の経験がある。

その中間をとったサカイは、私の身の丈というところか。
値引き率がベリーグーだったしな。
さて、これより引っ越し準備です!


hiroko Inagaki art work

2019年8月14日水曜日

フレッツ光の引っ越し日程決まる

「家どうなった?」
「もう引っ越したの?」

たくさんお問い合わせをいただいておりますが、まーだでーすwww

でも、ここにきて急展開で引っ越しが見えてきた。
が、引っ越しても実際に住める状態になるかどうかは別。
スケジューリングが大変だ。

まず、引っ越しで私が一番気にするのは通信。
料理も風呂も後回しでいいけど、通信は仕事が絡むので真っ先に確保したい。
引き渡し日程が確実になったところで、NTTに連絡。
フレッツ光移転希望日の3週間ほど前の連絡だった。

「お盆もあって今は大変混んでいて、希望日は無理」
と聞いていたが、本日、希望通りの移転可能との返事あり。
ありがとうございます!

NTTの申込受付は新宿だけど、こっちは田舎。
引っ越しが多いシーズンじゃないし、大丈夫だと睨んでいましたよ。
とはいえ、ぎりぎりの綱渡り。
明日から、ベッド問題解決、引っ越し業者選定など駆け足の日々


ずっと放っておかれていた栃木の県獣、カモシカちゃん。
現在の住まいでの最後の作品になる。
ここ数日で完成させて、すぐに撮影。
展示会の案内状に使うつもりだ。

カモシカは、断崖絶壁をものともせず登っていく動物だ。
私も、立ちはだかる壁をよじ登って越えていく気概をもちたいものだ。

撮影、新しい家の白い壁でやりたかったが、それは叶わず。
新しい家では猛烈に作る、作る、作る!


hiroko Inagaki art work

2019年8月13日火曜日

ベッドの下見

寝室に置くベッド。
現在使っているのはセミだと思っていたら、がっつりダブルだった。
場所もとる。
シーツ替えもマットが重くて大変。

いっそ布団にする?

フローリングに布団は通気性が悪そうだ。
寒冷地だから、冬場の冷え込みも心配。
何より、だらしない私の場合、万年床になる可能性の高さに不安がある。

じゃ、シングルベッドか?
ということで、インテリアショップを回った。
通販じゃ、自分で組み立てなくちゃならないからな。
送付と組み立てやってくれる実店舗が頼り。

まずは東京インテリア家具。
この会社、「東京」をうたっているが実は本社は宇都宮。
ちょうど改装セール中、ラッキー!
どうせ買い替えるなら、掃除しやすいベッド下が空いているものがいい。
断捨離世代なので、収納引き出しは不要。

それで薦められたのが、すのこベッド。
すのこぉ~?? なんかカッコ悪くね?

そう思ったが、すのこ通気性が良いらしい。

通気性を確保するために、当然、ベッド下はスッキリ。
すのこが背中でゴツゴツすることはないとのこと。
いろいろ見てみると、悪くないぞ。

そして、今回の大発見。
最近のマットレスはめちゃめちゃ軽い。
薄いものでもしっかりしている。
これなら、高齢になってもシーツ替えはラクチン!
なるほど! ベッドフレームよりもマットレスが大切だ。

近くのニトリにも足をのばす。
ニトリ、やばい!
いろんなものあって、散財しそうだ。

購買欲を抑えてベッドコーナーへ。
ニトリは、東京インテリア家具よりもう少し価格を抑えた商品がある。

ベッド下のスペースで選ぶと、一番広かったのはお姫様ベッド。
次にパイプベッド。
だが、どちらもキシキシいうし、私のキャラじゃない。

そこで薦められたのは、やはり、すのこベッド。

「寝心地をお確かめください」に従って、ゴロゴロしてみる。
マットレスが薄くても悪くない。
薄いマットレスは軽量でシーツ替えも楽。
だが、薄い分だけベッドの高さが低くなる。
深く腰を折るので、高齢時の立ち上がりがちと辛くなるかも。
となると、高さを上げる調整可能なフレームが必要ということか。

いったん戻って思考タイムとする。


田舎の庭は、ちょっと放っておくとジャングル化する。
 あれこれ考えながら、全身防御しての汗だく草むしり。
一部分しかできなかったが、3時間で1kgやせた!

いやいや、そんなことより転居準備だ。



hiroko Inagaki art work

2019年8月12日月曜日

外構の打ち合わせ

本日、外構の打ち合わせがあった。

家の背後、建築基準法違反のブロックの訂正。
コレ、最初にやった業者に請求してやりたいよ!

ほか、高齢時の助けとなるスロープの確認。
境界と土留めのためのブロックの色指定。
フェンスの色指定などなど。

最終確認をして、見積もりドドーン!
うひゃー、結構いっちゃったぁ (>д<;) ヒィッ
やらないわけにいかないものだし、仕方ない。

完成は、早くて9月末ですと。
天気など諸条件でなし崩しに10月になるかも。

玄関にあがる階段と境界フェンスは急いでほしい。
が、ほかは遅れてもよい旨伝える。
って、年内には完成してもらわなくちゃ困るけど!


外構担当の方は、室内のコーディネートもされるとのこと。
先に私のほうで発注したカーテン、ドレープ2つとレース1つ。


時間があったら自分で縫ったのにな。
完成までお願いして約9万円弱だったが、この値段について聞いてみた。

「初めてのことで価格がよく分からない。輸入生地らしいが高すぎか?」
「縫製入ってますか? だったら安い!」

あ~、良かった!
水道の引き込みで頼んでもないコン柱水栓つけられて、
ブロック塀作ったら建築基準法違反だし、
これ以上ぼったくりみたいなことがあったらどうしようかと思っていた。

やっぱ、日暮里繊維問屋街!
愛想はないが、値段は正直(笑)
作品でお世話になり、今度は家でお世話になり、感謝感謝。
あとは、無事の完成を祈るばかりだ。

hiroko Inagaki art work

2019年8月11日日曜日

カーテンを決める

100km遠距離通勤は辛い。
諸々片付けなければならない案件もあり、時間がない。
間隙をうようにして、土曜にカーテン地を探しに日暮里生地問屋街へ。

事前に薄井工務店のコーディネーターさんに採寸依頼。
提携のインテリアのお店の方に確認をとってもらったもよう。
そのサイズを基に、お店の方と相談。

まずはカーテンレールの確認。
「どういった形状のレールですか?」
「キャップはついてますか?」

何のこっちゃ?? よくわからない。
薄井工務店との打ち合わせ時に見たのは、極々一般的な2連のレール。
目の前にあったサンプルを指して、「コレ! この形」。


次にサイズの確認。
「この採寸にはゆとりが含まれてますか?」
「レールのどこから採寸されたものなんですか?」

え、え、え??
薄井工務店からもらったサイズには「仕上がり寸」と書いてある。
だが、依頼したのは、レール幅とランナー下から床までの採寸。
確かに! このサイズって、いったい何なの?
「仕上がり寸」と言われても、何を根拠にどう算出したのか不明。
何でこのサイズが出てきたんだろう?
「仕上がり寸」だとしてもどの程度のゆとり含んでるんだ?
薄井工務店に確認するも、担当者不在。

引っ越し目前にして分刻みで動いているのに、ここに来てコレ!

もう待てないので、わけわからんサイズのまま発注した。
大丈夫なのかよ、コレ。
後日の打ち合わせで大至急再確認だ。

アトリエの生地。
真っ白い部屋なので、色味を入れた。
私が作る作品は、もっぱら動物。
フランスから来たクジャクをカーテンに躍らせることにした。
織りが分厚いので、レール下にぶら下がる天井付けにしてもらった。
レールは見えてしまうが、ドレープがきれいに出るそうだ。

 こちらは寝室のカーテン。
ちょっと地味。
 だけど、寝室の主役は金に桜の壁紙。
似た植物柄も考えたが、それでは部屋がやかましくなる。
紫系青地の壁紙と喧嘩しない紺地で抑えて、金地の壁紙を活かすことにした。
こちらは、寝室なので遮光を狙い正面付けに。
カーテンレールを隠すようにして設置するように作ってもらう。

今回、カーテンを付けるのは、寝室は画像右の窓のみ。
正面の小さな窓は、曇りガラスだしいいかなぁ。
迷いもあるが、あとは住んでから考えたい。


アトリエの掃き出し窓のドレープとレース、寝室の腰高窓のドレープを発注。
問屋さんなので接客はきつめだが、指摘は的確。
他にも必要なカーテンが発生したら、またお願いしよう。



hiroko Inagaki art work

ベッド、いるのか?

今使っているベッドはセミダブル。
それを寝室に置く。
金に桜?の壁紙を頭側にして画像右の窓に沿って置く予定。
ヘッドボードは、画像左側の小窓下1/3にかかるまでの幅。
画像左側、写っていない壁側には箪笥が2棹並ぶ。

そうすると、ベッドと箪笥の間の動線は約80cm程度。
箪笥引き出し、ベッド下の引き出しを目いっぱい引き出すと、約50cm。
残り30cmで人間に作業しろってか?

やっぱ狭い。
セミダブルを置くには狭すぎる。
それに、セミダブルのシーツ替えって結構大変。
後期高齢者になっても一人でできるか不安。


じゃ、シングルに買い替える?
探すと幅76cmというのもあるが、一般的なシングルで幅100cm。
ちょうど金に桜の壁紙幅程度に収まる。
動線も確保できる。


いっそ、思い切って布団にする?
ある友人は、折り畳みのマニフレックスを使っている。
フローリングで使用しても非常に快適と言って薦められた。
が、通気性が気になるところ。
「カビとか大丈夫なの?」
「起きたら、折り目を使って立てて換気させてる」
そう、布団はその一手間が面倒なんだよなぁ。
老人には布団の上げ下げと起き上がりは非常に負担だし。


だけど、残ったセミダブルどうすんの?
捨てるのか?
それが嫌なんだよな、買って金で解決っていう安直な策が。
あ~困ったぁ、悩むよぉ(>_<)

引っ越し依頼の際に、料金が大きく変わってしまう。
とにかく早く決めなくちゃ。



hiroko Inagaki art work