2005年7月21日木曜日

木曜レッスン

方や教室展に向けての作品作成、方やカリキュラムに基づく練習作品。
ウチのレッスンの一番最初の段階では、手芸に最低限必要なステッチ+αでカリキュラムを組んでいる。
シンプルな基本ステッチに加え、変わり玉のステッチも盛り込んでいるが、糸の動きは実に面白い。
針の上を通して絡めるか、下を通して絡めるかで、仕上がりの表情が違ってくる。
ステッチを覚えるというよりは、糸の動きを覚えること、慣れることが大切。
慣れてしまえば、応用はググッと楽だし、デザインに糸を沿わせやすくなります。

来週、美術展に出していた作品が東京に戻ってくるとの知らせがあった。
その作品を、改めて自分の希望のスタイルで展示してみたい。
教室展の準備もあるけど、来年以降のギャラリー探しも本格的に動き出さなくちゃ。
どこか面白いギャラリー情報があったら、教えてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿