2006年5月11日木曜日

木曜レッスン


今日の生徒さんの作品はスケッチ風。
ステッチが問題ではなくて、「スケッチ」風であることが重要。
全体のバランスを見ながら、思うように進めていってもらう。
糸の重なりにも配色のバランスにも、作品と相談しながら、でも自分の意志を確実に出してもらうことがポイントのレッスン。
不安になると刺しまくる人がいますが、無駄な針は入れないのがコツ。
コレ、技術を習うよりも案外難しく、上級者向けです。
でも、何もなかった布の中から絵柄が浮かび上がってくる様子を見ているのは、教えていても面白いですねえ。

レッスンの後は、生徒さんと一緒に駅に向かうのが恒例。
駅と我が家の間には、お嬢様コースと山猿コースがある。
お嬢様コースはなだらかな坂だが、山猿コースは小山2つを上り下りするというもの。
画像は、その山猿コースでの途中の竹薮風景。
白っぽい縦の線は従来の竹で、茶の線は竹の子。
今年に入って地主さんが竹の半分ほどを伐採してしまったのだが、それで低地まで日が当たるようになったからか、ここ数日で急成長している。
植物の成長は見ていて楽しいものだが、ああ、もうこんなに育っては食べられないよ~。

http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

0 件のコメント:

コメントを投稿