2006年11月5日日曜日

多摩転居3年目――引越し記念日



今日は、私にとって唯一の記念日。
現住まいである、お気に入りの多摩に引っ越してきた日です。
不利な条件を背負っての転居ゆえに、引っ越し先が決まるまでに1年以上。
ご破談続きの引越し探しの中、多摩のこの部屋だけは引き寄せられるようにして決まりました。
けれども、引っ越したはいいけれど先の不安はつのるばかり。
そんな状態でスタートした多摩生活も、今日から3年目。
一緒にこの日を祝うはずの猫はいなくなってしまったけれど・・・。
不安材料はまだまだ抱えたままですが、それでも今日までやってこられたのは、お世話になっている皆様のお蔭です。
本当にありがとうざいました。
これからも前を向いて頑張りますので、ぜひよろしくお願いいたします。

小学生のときは、近くのクヌギ林を抜け、田んぼでカエルの卵を見たり蓮華を摘んでの登下校。
中学、高校時代は、遠く日光連山を仰ぎながらの自転車通学。
私の周りには、いつも土が育むエネルギーがありました。
妙にこの土地にしっくりきたのは、多摩丘陵の低いけれども深い緑の山並みに、慣れ親しんだものを感じたのかもしれません。
自然の生命のサイクルを身近に感じることで、私の中でのエネルギーも還帰されるのかもしれません。
いずれにせよ、物理的な圧迫は多く抱えているものの、精神的に開放された気がします。
この多摩に感謝して、私は何かを返さなければならない。
何を返すって、私にできるのは作品を作ることしかありません。
で、現在作っているのが、多摩の緑のイメージ。
「自然の大切さ」などと大きなことを訴えようというわけではありません。
「緑に囲まれるって気持ちいい!」という程度ですが、私が転居して以来、日々感じている気持ちを共有してもらえたらと思っています。
共有してもらうためにも、とにかくしっかり終わらせること!
必死なんですが、なかなか思うように進みません。
この展示についてがまた神がかり的な展開で・・・とにかく、多摩に来てから私の足元で地殻変動が起きているような感じです。
これから、また濃い1年を重ねるぞい!
画像は、うちの近くの神社脇で、先日ふと見上げたらいた龍?(笑)

http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

0 件のコメント:

コメントを投稿