2007年6月10日日曜日

ベトナムのキム・シンって・・・

某TV番組で、ゴンチチが民族音楽の巨匠を紹介していくっていうのを見た。
見たのは、ベトナムのキム・シンというギター・プレイヤー。
正確には、ギターじゃんなくて、ガイルオンというビヨヨ~ンという響きを含む弦楽器。
これがスゴイんだよね。
んもー、アジアにこんなにカッチョいいブルースがあったのかよ! ってぐらいに感動すんのよね。
乾いた切れるような響きのスペイン・ギターもいいんだけどさ、やっぱ何つーのか、湿気のあるブルースなんだよねえ。
アジア独特の穏やかさがあるけど、どっぷりブルース。
いいなあと思ってたの。
で、TVで見て・・・あれ? この人のCD持ってたよ?
でも、イタリア留学の前に売っちゃったんだよ、チクショー!
こんなにカッチョいいじっちゃんだったとは・・・また買うぜ!
またまた、錆びない人を見つけちゃいました。
民族音楽好きの皆様にはお勧めっす。

http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

0 件のコメント:

コメントを投稿