2007年9月28日金曜日

木曜レッスン



レッスンの日。
ウチのレッスンにはカリキュラムがあるのだが、作品はカリキュラムの課題に合わせて作ることになる。
が、その作品はそのまま12月のグループ展に向けて作っているのが現状。
作っている作品を見ている限り、珍しく私のモノが一番小さいことになりそうだ。
10月に入ったら、12月のグループ展の案内ページを用意する予定です。
展示までの様子をチラチラ紹介できたらと思います。

美術の秋、習い事の秋。
ということで、ベリー弱小教室の当hiro's Studioにも問合せが入ります。
私から、「ウチはデザインからやってもらうからね」と言うと、結構ビビル方が多いのですが、実際はかなり緩くやってるんですよ。
デザインって言ったって、○△□だって、単なる棒線だって、雑貨だって、額装作品だって、何だっていいんです。
決して難しいものをやってくれというわけではないんです。
だって、最初からステッチに合わせてデザイン作るの大変だし、そんなこと初心者の人は当然無理ですよ。
自分で「何作ろうかな? どんなもの作ろうかな?」と、能動的に考えることが大切で、次に「じゃあ、作るときのステッチどうしよう?」と、習うことに意味が出てくる。
これがないと、いつか必ずやってくる「何のために習ってるんだろ?」という壁を超えることができなくなりますからね。
針を持つことは、決して難しいことでもないし、比較的安価に手軽に楽しめる趣味でありアートであると思っています。
だからこそ長く生活の傍らで楽しんでもらいたいので、かなりユルユルなんですけど、「デザインも」となると硬直する人が大半。
「レッスン」のコーナーに、私の姿勢などをコラムにしてみようかとも思っています。
が、これは10月半ばになるかもね。

現在、私のサイトは、私個人の活動を中心に据えたので、教室のタイトルである「hiro's Studio」の文字が消えています。
だが、画像にあるように、作っているのは???
もうしばらくしたら、何作っているのかわかるからね~。

http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

0 件のコメント:

コメントを投稿