2007年11月23日金曜日

靴、出します


12月の展示、画像の靴出します。
ずいぶん前に、「灰かぶり」というグリム童話の話をイメージして作ったものです。
「灰かぶり」とはシンデレラの話です。
なので、作品は片方しかありません。
しかも、原作に忠実に金の靴のイメージで作りました。
シンデレラのような恋の話であれば、やっぱり脱ぎ捨てるのは片方だけですよね。
走り去りながらうっかり脱げてしまった片足でなくちゃいけません。
いけない! と思いながらも、靴を放り出してでも、殿方の目から早く姿を隠そうとする奥ゆかしい女性像が想像されます。
でも、ここで両足脱げていたら・・・。
想像できるのは、早いとこ逃げようと、ドレスのすそをたくし上げて、がに股・素足でスタコラサッサと走り去るのシンデレ像。
お城の外に出れば、かぼちゃの馬車は放り捨てて、馬車に繋いでいた馬にまたがり片手で手綱を握り激しく鞭をくれている姿すら目に浮かびます。
全くイメージ変わりますよね。
でも片足脱ぎ捨ててくなんて、ちょっと作為的な感じがしませんか?
狙った男の前で、わざとハンカチ落とすみたいな(手が古すぎだけど・・・)。
個人的には、両足脱いで、できたらそれを持ち帰るぐらいの女性の方が友達になれるな。
そんな想像をしながら作ったことを思い出しました。
12月の「4CARATS」の展示で、ぜひご覧ください。

ある仕事で出勤しました。
ここのところの寝不足で起きられずに5分ほど遅刻。
どうせ遅刻するなら2時間、3時間、ガツンとやってしまえばよかった。
こんなちょっとした時間なら精神力でカバーできたはずです。
この5分に自分の弱さ全てが出ているんだよな・・・そう思うとショボン。

http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

0 件のコメント:

コメントを投稿