2009年7月28日火曜日

no title

今の職場、最低最悪で全く嫌になっちゃうよ。
言い出したらキリがないけど、こういう職場に入るとストレス溜まって、帰宅途中にオバチャンでも買い食いに走る。
食べることが目的じゃなくて、ちょっとホッとしたいんだよね。
会社の垢をどこかで落としてから帰りたいわけ。
で、今日立ち寄ったのが小田急新宿駅構内のスタンド。
小田原牧場アイス工房のイタリアンジェラートを、ロマンスカー眺めながらチュパチュパ食べて一息。
イタリアンってあるけど、練乳の引っ張るような強い甘みが残る感じは『和』製品の特徴じゃないかしらん?
子供のころ食べた駄菓子にこんな濃いミルキーのような味があったような・・・そんな懐かしい味でした。
アイスカップの絵柄にある牛の顔は、どことなく子牛ちゃん。
???! それじゃ乳が出ないじゃん?


できればストレス解消とは別な形で、こういうもののお世話になりたいものです。

先日、レッスンで手工芸の歴史について触れたことで、昔から興味のあった服飾史を知りたくなった。
小さな書店で服飾を探そうとしたら、店員から手芸コーナーを教えられた。
手芸コーナーで見る書籍類は、「とっておき~」「~クチュール」「チクチク~」というのが今のキーワードになっているらしい。
自分の作るものと全く方向が違っていて力抜けちゃった┐(-。ー;)┌
オイラだったら、「一刺入魂~」「~完徹制作」「ガリガリ~」がキーワードだもんね。

hiroko Inagaki art work
http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

0 件のコメント:

コメントを投稿