2009年9月2日水曜日

Hang in there !

ある用件にて八丁堀へ。
考えればリボン刺しゅうの小倉ゆき子先生の事務所、イグレックが近い。
誘っていただいた展示にもなかなか合流できずにいるので、ちとご挨拶に寄る。

レッスン中で展示は見られなかったが、いろいろとお話させていただいた。
「早くおやりなさい」と言われ「ハイ」・・・ぐうの音もでないf^^;
その後、急ぎで京橋、銀座のギャラリーを行ったり来たり。
糸にすばらしい光沢を出した、しっかりした刺しゅう作品を観た。
私のキャラとは全く違う作品だったが、丹念に作業する作者の姿が見えて、思わず背筋が伸びる思いがした。
テクニックに走り過ぎると作品を壊すこともあるが、確実にその人を表すことも確かなんだよなあ。
その後、急ぎ御茶ノ水に向かうも、肝心の仕事は難航。
勉強することもいっぱい。
凹むこともいっぱい。
出口はもうすぐそこという感じがあるのにな。
踏ん張れ、オイラ!

hiroko Inagaki art work
http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

2 件のコメント:

  1. 小倉ゆき子さんは誌上でしかお見かけしていませんが、
    素適な方ですね(作品ももちろん)

    「早くおやりなさい」

    hiroさんのブログを拝読しながら思わず私まで背筋が伸びて

    「ハイ!!」

    と言ってしまいました。

    これから作業しやすい季節、
    お互いがんばりましょう~~~o(^-^)o

    返信削除
  2. >yuriさん

    昨年末あたりから、やっと自分の中で作ることと教えることでの気持ちの整理がついてきました。
    そんなときに小倉先生と話すチャンスができたり、刺しゅうの原点を見るような作品展にであったり、etc...
    個人的な些細なことだけど、こういう偶然の重なりがあるときって見えない力の流れを感じたりしますよね。
    いやいや、感じてただボーっとしてちゃダメなんで、そう感じたときにこそホントに早くやらなくちゃ。
    創作の秋ですし、気持ちを高くもって頑張りまーす!

    返信削除