2009年10月3日土曜日

Thursday's lesson

先日、木曜はレッスンの日。
近況報告をしながら、それぞれの課題を進めてもらう。
レッスンではもっぱら25番糸を使ってもらうのだが、色数が多いだけに配色で迷うこと多い。
(在庫が全色そろってなくてスミマセンm(_ _)mです)
配色はバランスしだいで作品の印象をがらっと変えるが、どういうバランスで配色するかは作者の個性だと思う。
うちのレッスンではキット使ってるわけじゃないし、ぜひ個性的な配色でやってもらいたい。
でも、作品のテーマを伝えやすい配色を選ぶのも手だ。
作家個人のものである個性は分かち合えないが、テーマはきちんと伝われば人と理解しあうことができる。
伝達の手段として配色の理論を知っておくのも悪くないと思う。
配色は専門ではないので資料は少ないのですが、必要なときは簡単なものをお見せできますので言ってくださいね~。

私は、あまりメールで会話を楽しむというタイプではない。
ところが、ここ数日、複数の友人からメールをもらった。
面倒な問題へのダイレクトな励ましだったり、まったく関係ない単なる近況報告であったり、さまざま。
内容がどうであれ、離れたところから何かしら気持ちを向けてくれているのが嬉しかった。
メールを通して、わらかくて温かいものに囲まれているのを感じました。
ありがとうございます。
オイラ、幸せもんだ!




hiroko Inagaki art work
http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

0 件のコメント:

コメントを投稿