2009年11月16日月曜日

1Dayレッスンについての補足説明

まず、生徒さんたちへ!
先日のレッスンで、1Dayレッスン参加のご意向は大まか了解いたしました。
が、少しばかり先の話ですし、本当に参加が大丈夫! となったら改めてメールでご連絡ください。
参加されたい日と、単なる振り替え消化か、それともキットが必要かどうかを。
そのメールをお受けした時点で、振り替え分確約(=料金発生、消化)としたいと思います。
今回は、キット代金が発生する場合もありますし、振り替え分と言っても期限付きの未使用残高のようなものです。
申し込んで消化したことになったけど、当日参加できなかったなんて無駄を発生させないように使ってくださいね。
過去のお休みの日を確認して捺印しますので、ご参加の当日はお月謝袋を忘れずに!


で、ここからが、1Dayレッスンについての補足説明になります。

B:刺しゅう初心者のための『X'masカード』

これは、初心者の方でもご参加いただける内容になっています。
レッスンの目的は、生地に図案を落とすところから刺しゅうの仕上げまでの大まかな手順を知ってもらうことです。
こちらが用意するのは、カードホルダー、ベース生地、ツリー部分、刺しゅう糸4色、他の処理材料諸々。
作業は、裸の木の上に自分なりのアレンジでステッチを入れてもらうというものです。
画像のサンプルには、たった3つのステッチしか使っていません。
初心者の方は、手順と一緒に、ぜひステッチも覚えていってください。
デザインが苦手な方、画像のデザインそのまま作ってもらってもOKです。
刺しゅうに慣れている方は、好きなステッチをガンガン入れてもらって良し。
丸いツリーがいい、いやいや画面を横に使って小さいツリー3本作りたい、って方もいますよね。
技術のある方は、ツリーのセットからやってもらってOKですので、デザインを用意のうえご参加ください。
その方のレベルに合わせて、アドバイスさせてもらいまっせ!
うちのレッスンの特徴は、デザインから自分で作れるようになることです。
ステキなもの作ろうと思うよりも、自分の好きなもの作ろうと思って参加してもらえると嬉しいな。


A:『布花のコサージュを作る』
このレッスンは、刺しゅうのレッスンではありません。
手芸としても楽しめる内容にまとめましたが、実は密やかな意図があります。
それは生地を知ること。
刺しゅうと生地とは切っても切れない縁ですが、普段はステッチを入れる土台の生地としての使用がほとんど。
その平面の感覚とは違った視点で、もっと幅広くファブリックをとらえるきっかけのレッスンになってほしいと思っています。
そこで、レッスンでは、刺しゅうではまず使わないだろう、ちょっとクセ有りの生地2種類を用意しています。
そこから、生地の基本や特徴に説明を加えながら、レッスンを展開する予定です。
ああ! でも難しいことは全くなくて、ほぼ図画工作感覚です。
お手持ちの縫い針などあったらご持参ください。
接着剤などを使用しますので、奥さん方、汚れてもらいますよ(笑)。
ま、生地の勉強は置いといて、手芸の一手法として応用した一例が下の画像。

ぜひご自宅で応用してみてください。

各1Dayレッスンの詳細は、HPトップからレッスンのバナーをクリックした先に掲載があります。
たぶん時間オーバーしますから、ご参加される場合はぜひ時間に余裕をもって。
★1Dayレッスンのお知らせ★
B:刺しゅう初心者のための『X'masカード』
11月21日(土) または12月3日(木)
ともに13:30~16:30予定

A:『布花のコサージュを作る』
12月19日(土)13:30~16:30

詳細は、下記HPに掲載しています。
ご応募お待ちしています!

hiroko Inagaki art work
http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

0 件のコメント:

コメントを投稿