2010年7月22日木曜日

刺しゅう×スワロフスキー

単発レッスン講習会でのペンダント・ヘッド。
友人から着用した画像が届きました。サンキュー!

服にも色味が合ってるし、落ち着いた位置もちょうどいいみたい。
せっかくだから自分で作ったらよかったのに、彼女、レッスンではお茶当番を志願。
先日の出張レッスンでは、事務的なことで助けてもらいました。
よって、コレを作ったのはオイラです、ハイ。

最初、色の希望を聞いたら、パープルって答えがかえってきたので、
さらに「濃いの? 薄いの?」って聞くと、「濃いパープル」って言う。
彼女のイメージだと薄紫で明るい感じを選ぶと思っていたから、大丈夫? と思っていたけど、仕上げてみて納得。
ワンポイントにキュッ! とした色がほしかったわけね。
影になってもビーズの光沢がわかるのは、スワロフスキーだから。
でも、このビーズって、刺しゅうで使うことは考えられてないみたい。
いろんなことを想定して、工程を増やすか、一工夫しなくちゃいけないのよねえ。
あーーー、でもこのピカリ感には、かなり惹かれちゃう。
他のものにも使う方法考えよ。

hiroko Inagaki art work
http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

2 件のコメント:

  1. お久しぶりです hirokoさん mimiboです
    元気そうでうれしいです。
    ペンダントヘッドとっても素敵です。
    私もほしくなってしまった。
    ほんと素敵

    返信削除
  2. >mimiboさん
    お久しぶりです~!
    ありがとうございます。
    自分で言うのもなんですが、結構いいできのデザインにしたと思っています。
    もっと凝ってもいいけど、日常使いにいやみのない感じが気に入っています。
    ビーズを組み入れやすくしたところもポイントかな。

    返信削除