2010年8月20日金曜日

酔拳手芸会、終了!

昨日19日は久しぶりの酔拳手芸会。
酔うほどに力が抜けて、力むことなくスムースに手先が動きすばらしい作品が生まれる。
そんな手芸の極みを目指す会です。(一応の大義名分)
しかも今回は、わが零細レッスンにワイン部長が誕生。
いや~、プロが一人入ると、内容がグ~ンとレベルアップするものなんですねえ。
単に酔うだけではなくワインも勉強できる、内容の濃い会となりました。

まずは、飲む前に刺す。
お題はキッチン・ミトン。
用意のキットに、それぞれデザインを落とし込んで刺していってもらいます。
「ワインが待ってる!」と叱咤激励し、綾小路きみまろCDを聴きながらウハウハと刺し進めます。
適当なところで、ワインとおつまみを投入。
ワイン部長から講釈もあり、1発目からワインが美味しいので、銘柄をメモする人も(笑)。
とたんに遅くなってしまう手作業に、「もっといいワインが続くぞ!」と声援を送りながら、2本目、3本目と続きます。
話題は、日常のこと、手芸業界の話などいろいろ。

真剣な面持ちで議論し合うの図。

でも、話題はシモネタ炸裂(^O^)

接着芯を入れ、ミシンをかけて、今回のどんでん返しを学び、あとはミトンの口のしまつをすれば完成。
ここで、一同そろって記念撮影。

「わーい、終わった~!」という開放感と、トリのワインの美味さで皆ハイテンション。
同じキットの同じ布なのに、自分の刺しゅうが入って、それぞれのキッチン・ミトンになりました。
しかし、こうして見ると女鷹匠軍団という感じ。
新興宗教の会にも見えなくもないぞ(笑)。

この日、集まったメンバー6人うち1人下戸。
開いたワインが、ボトル5本。
しかも、そのどれもが美味しかったですね~。
美味しいものいただくのって、気持ちが豊かになりますよね。
次回に向けた期待があり、ワイン部長の「さらなるランクアップを狙う」という方針も語られ、ぜひこのスタイルで継続していきましょう!

hiroko Inagaki art work
http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

0 件のコメント:

コメントを投稿