2011年3月14日月曜日

計画停電

余震が続いていますね。
ずっと揺れているので、小さな地震だと、本当の揺れなのか、自分の脈で揺れる感じがするのか全く分からなくなっています。
それでも、最初のM9クラスの地震になるのでは? と恐ろしい。
3.11から服着て寝てます(笑)。
すぐ逃げられるように。

今朝、出勤のために駅まで行ったらホームがカランとしています。
改札で駅員さんを囲んで人が集まっていたのですが、小田急線は経堂~新宿間を15分間隔で運転するのみだとか。
原発事故による東電発表の計画停電の影響です。
会社に連絡してみると、
「夜にまた停電する話もあって帰宅困難になるかもしれないから、今日は休んで」
とのこと。
仕事がなくなって嬉しいような、実入りが減って困ったような…。

東電の停電区分けでは、私が住む多摩区は第5エリアです。
こうしてblogを書いている今は、本当は停電時間なのに、していない。
長い停電後、通電の際に発火した家電での事故も起きている。
いったいいつから停電するの? 予定よりも遅れて停電するわけ?
市役所に確認したところ、東電次第でわからないとのこと。
しかも、今日は第5エリアだけど、明日はどのエリアになるかわからないらしい。
二転三転する東電からの情報に、公共機関、交通機関、すべてが混乱しています。
東電さん、どーなってんの???

とにかく身動きできないんだから仕方ない。
と、部屋でNHK-FMの安否情報を聞きながら針仕事。

東北が、まるで戦場と化した光景だというのに、針仕事などしていていいのかな?
しかも、来週から小さな展示やるだなんて不謹慎な気もする…。

稲垣ヒロ子「基本の刺しゅうステッチ展」
2011年3月23日(水)~28日(月)
  10:30~18:00 ※最終日17:30まで
galerie Y(イグレック) 
  東京都中央区新富1-4-1-2F

銀座方面にお越しの方、ぜひお立ち寄りください。
つかのまの気休めにでもなればと思います。

安保情報を聞きながら、自分が避難生活になったら何が必要か考えました。
一般に言われるもの以外に、今なら花粉症の薬・マスク がほしいかな。
私に重要なのは、集団生活で緊張するから便秘薬かも。
でも、刺しゅう道具は持ち込めないだろうな。
あ…でも私は猫連れだから、避難所には入れないんだ。
猫を抱えて自力で頑張る?
でも、そうやって結局、人の手を煩わせるだけになることが往々にしてある。
じゃあ、どうすればいいんだ?

いろんなことを考えて、
「自分のことは自分でしっかりやる」
にたどり着きました。
注意されているM7級の余震にも警戒を怠らないこと。
少しでも援助できる側に回れるよう、いち早く普通の生活に戻ること。
そうすることで、本当に必要とする方々に援助がいきわたるようにすることが、今の私にできることであろうと思います。

先日、生徒さんたちには17日レッスン臨時休講を申し入れました。
お子様や生活の立て直しで刺しゅうどころじゃないかと思って。
ところが、案外、生徒さんたち「予定通りレッスンに行くかもよ~」という反応。
私なんかより、生徒さんたちのほうが、普段の生活に戻っているみたいです。
生徒さんに勇気づけられちゃった。
そうはいっても、余震・交通機関の問題は残っています。
17日レッスン時間は用意がありますので、16日の晩にでもご希望の連絡をくださいな。
ご対応いたします。

hiroko Inagaki art work
http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

2 件のコメント:

  1. 計画停電のことはニュースで知ってるよ。こちらでも家にいるときはずっとNHKつけっぱなしだから。東京電力も苦肉の策なんだと思う。そして鉄道会社が本数を減らしたことによって逆に計画停電しなくなったんだろうね。幸か不幸か。きっと私もその場にいたらイライラしたはず。でも東電の広報担当者も枝野さんも同じ被災者なわけでずっと寝てないんだろうなというようなお疲れ顔。もちろん一般被災者の方々もそうなんでしょうが。枝野さんは同年代なんだよね。しかも稲さんと同郷じゃありませんか!冷静な対応、私の中では評価あがってます♪引き続き、不安な日々だと思いますが頑張ってください!何もできないけど祈ってます。日本ならきっと大丈夫!乗り越えられる!!

    返信削除
  2. >michelleさん
    計画停電はまた変更があったらしく、明日の電車はどうなることやら…。
    出勤できても、また帰宅難民になる可能性があるし、回線再制御も始まったし。
    揺れは治まりつつあるけど、生活にジワリと影響が広がりつつあります。
    原発がこんなに予測も管理もできない状態で、これまで運転されたことにも驚き。
    とにかく日本中が、特に我々の世代が、初めての混沌を経験しているところです。
    ホント、頑張らなくちゃね!
    よくご存じで! 枝野さん、同郷です。
    彼と同じ高校出身の政治家には、簗瀬進氏とか船田元氏とかもいますが、穏やかな感じの男性が多いかな。
    枝野さんは、その中でもピカ一ですね。

    返信削除