2011年3月12日土曜日

長い1日 2011.3.11

日本各地の皆様、大丈夫でしょうか?
一昼夜明けた今も、余震は治まらず、ずっと揺れる中での生活です。
私の住まいである多摩区ですら、いつまた大きな揺れがくるか怯えるという状態。
東北方面の方々のご不安、お察しいたします。
どうか気持ちを強くもたれて、耐え抜いてください。

私が今回の地震に遭ったのは、皇居を臨む竹橋のとあるビル6Fでの仕事中。
最初に来たのが、小刻みながら、確実に突き上げる縦揺れが数秒。
そして、大きくゆするような横揺れに、一瞬、職場全体がピタッと止まったように。
さらに立っていられないほどの大きなゆさぶりがやってきたときには、悲鳴とともに老若男女がデスク下に潜り込みました。
遅れて、外人たちも同じように行動。
地震に慣れていない外人さんたちは、とっさの行動が身についていないんですね。
阪神大震災を取材したという人が「このビルは大丈夫!」って言っても、逆に不安をあおるだけ。
それが収まってホッとしたところに、次の大揺れが!
再度、皆デスク下にもぐって、私なぞは「帰りたいよ~」と涙目になっていました。
スマホで状況をチェックしようと思っても、矢継ぎ早に飛び交う情報に、どういう検索をかけて、どういうチェックをしたらよいやらオロオロ。
揺れが緩んできたところを見計らってトイレに行こうとしたら・・・こんなことに。

天井一部が剥がれ落ちて、この後、水漏れしてました。
びっくりしてトイレ入るの忘れてしまった…。
職場では、飛び出した引出の重みで倒れたキャビネもありました。

誘導され表に出て、大通りを挟んでの職場ビル。

報道の方が多いので、表に出たはいいけど取材どうする? と動きが悪い。
ビル表玄関にたむろして、連絡取り合おうとしていました。
でも、発生から15分、すでにこの時点で携帯もメールもつながりにくい状況に。
他のビルからも社名入りヘルメットや防災頭巾をかぶった社員たちが、防災委員らしき社員に引き連れられて避難に出ていて、竹橋近辺は会社員であふれかえっていました。
大手町方面も回って確認してみればよかったな。
こういった耐震対策がとられているのは大会社だから。
事務所レベルの小さな会社では、自力で逃げるしかないんだろうなあ。

ビルの谷間の公園で、黄色い帽子の子供たちが・・・と思ったら、建設現場の作業員たちでした。

このエリア、老朽化したビルの建て替えが多い地域です。
まさに耐震ビル建設真っ最中での大地震。
屋上では建設用クレーンの長い腕が揺れ、むき出しのコンクリートには窓もなければ、ポールを組んだ足場だけの移動。
作業員の方々もさぞや恐ろしかったことでしょう。

その後、品川に仕事の約束があったのですが交通機関はすべてストップ。
やむなく徒歩で向かいます。
まず、竹橋から日比谷へ。
帝劇スタッフが、日比谷公園にいる人たちに「本日の帝劇公演は中止でーす!」という拡声器のアナウンスをしていました。
日比谷公会堂周辺は、卒業式の大学生たちが右往左往して、とにかく都心はどこもかしこもごった返しです。
繁華街、しかも集客場での地震も怖いだろうな。
早々と帰宅を断念した社員たちは籠城準備に買い物に走り、コンビニの食材や電池関係は一気に品薄に。
なのに、この長蛇の列は? と思ったら、帰宅難民たちがトイレを借りていたようです。
いろんな商店の方々が無償でヘルプをしていましたが、通信関係は殺到する怖れありで難しいのかな?
SoftBank ショップは閉店。
行脚中の帰宅難民に、せめて充電だけでも対応できなかったのかな・・・。

2時間かけて品川にたどり着き、余震に怯えながら仕事。
コンクリのビルって、逃げ場を失う気がして怖かったです。
その後、都営線一部復旧のニュースに期待を寄せて、大門駅で待つこと40分。
地下、しかもあふれかえる人ごみの中での余震は本当に怖かったです。
上から崩れてきたら、一気にぺしゃんこだとじわっと考えていました。
警察も出て入場制限しながらの運行でしたが、そりゃもう半端ない激混みです。
なんとか新宿までたどり着いてみれば、うずくまる人、人、人・・・。

さすがに興味本位で画像とるわけにもいかず、人が少なかった一画をこっそりパチリ。
周りはこんなもんじゃないんですよ。
よく見る体育館での避難所のような光景だったんですから。
みんな諦めモードで、新聞紙を敷いて始発待ちの態勢でした。

小田急Loveの私は、改札前で復旧祈念。

その甲斐あってか、深夜には減速運転にて復旧されて、なんとか帰宅できました。
駅員さんたちの頑張りや商店街の人たちのヘルプは、本当に気持ちの支えになりました。
猫も生まれて初めての大地震を一人(一匹)だけで経験したのが怖かったのかな。
私が帰宅するまでトイレを我慢していたようですよ。
戻ったら、いつもより甘えん坊でうるさいのなんのって、もう(笑)。
帰宅して初めてTVで東北の映像を観て愕然…。
これまでの大地震って、大変だと思っていても、やはりどこか他人事だったんですね。
今度の地震は、まさに自分も渦中の人。
他人事とは思えません。
今起こっている事実を、重みをもって受け止めています。
なんだか、役立たずの私なんぞが、のうのうと生きているのが申し訳ない…。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

続く余震に怯えている以外は、私の生活は普通に戻っています。
メールをくださった方々、ありがとうございます。
稲垣、お蔭様で無事にしております。
皆様もどうかご無事でありますように。
私、この先も絶対に忘れませんよ。
2011.3.11 のことは。
 
さて、次回のレッスンは(って、こんなときになんだけど)17日です。
生徒さんたちの無事なお顔を拝見できますように。
次は明るい話題をご提供できるよう、前向いて行きましょう!
hiroko Inagaki art work
http://www.ne.jp/asahi/hiros/studio/

2 件のコメント:

  1. 臨場感たっぷりの記事。一気に読んでしまった。被災のすごさがリアルに伝わってきました。本当に無事で良かったね。一日も早い復旧を祈ってます!

    返信削除
  2. >michelleさん
    今日はお休み!
    なぜなら、原発爆発により電力不足で電車が都心近辺鹿走らないから。
    お上の指示で計画停電ってのをやってます。
    1,000人以上の遺体を抱える自治体からは土葬許可の申請がでていたり、まるで戦争かのようですよ。
    余震がなければ、表は春近い暖かさでお天気もよく、うららかな日なのに…。
    でも、大丈夫! 日本は必ず上を向いて立ち直るんだ!!
    復活の勢いをNYで見ていておくれよ~。

    返信削除