2011年6月13日月曜日

タイマッサージ祭り@和のいえ櫻井

 ちょっとお天気が不安な日曜、12日。
タイマッサージをやっている友人たち主催のお祭りに行きました。
タイマッサージ祭りHP
友人のHP

雨と聞いていたのに、なんとかお天気持ちこたえてくれて良かった。
会場は、西東京市にある古民家です。

タイビール、チャーンを片手に、
古民家表を撮る。

タイ料理屋さん、
タイマッサージ屋さん、
タイ風の屋台が並びます。
(でも、売り子は全員日本人。)












古民家の母屋では、タイ料理と本格的タイマッサージのイベント。
畳の和室には一面に布団が敷かれ、一斉にマッサージやってました。
画像は、二胡の演奏に合わせての、タイマッサージのパフォーマンス。
















ゆったりした音楽に合わせて、タイマッサージの技?を披露していきます。
見ていて、良い意味でエロティックなマッサージだと思いました。
何というか・・・対処療法的な筋肉マッサージと違って、もっと生命の根源部分に寄り添う観念的なマッサージだなという感想。
私の中では、生命力とエロスは同ジャンルにありますので。
音楽がゆったりしているので、観客の中にはとろ~んとして、お浄土に意識が跳んだような方も…。
このイベントでの収益金は東北大震災の義援金とタイマッサージのボランティア費用となるそうです。

タイだからか? マッサージだからか? 会場内は、スウェットTシャツに腰巻という緩い井出達の方々がほとんど。
主催者も客も、かなり徹底して緩い。
いわゆるアートの展示会って、パフォーマンスと比べると、こういう外部の方々と呼応する力が弱いように思います。
作品並べて、ハイ見てください、って待ちの姿勢のものが多い。
刺しゅう展もその一つで、なんとかならないものでしょうか??

手元の宿題、だんだん柄になってきました。
なんとか形になったら、ちょっとお披露目しようかな。

hiroko Inagaki art work

0 件のコメント:

コメントを投稿