2011年7月22日金曜日

木曜レッスン

先日までの台風。
レッスンと重なったらどうしようと焦っていたけど、生徒さんたち、よほど日ごろの行いがよいらしい。
かなり涼しくなったけれども、雨雲は遠くへ行ってくれました。
生徒さんに教えていて、毎回思うこと。
ステッチの糸の動きって、いったい誰が最初に考えたんだろう?
刺しゅうのステッチって、本当によくできているんですよ。
3歩進んで2歩下がる動きをしながら厚みのある表情を作ったり、ひっかけて回して手品のように丸を描いてみたり。
一人はシェブロン、もう一人はハーダンガー。
それぞれジャンル違いなステッチ群をやってもらいましたが、どっちにしても、ホントに誰がこんなステッチ考えたことやら・・・感心、感心。

さらに、思案中だったことへの解決案が、案外、近くにあったことがわかりました。
ただし、これには私からの働きかけが必要で、その準備には大きな労力を要することも見えてきた。
腹据えなくちゃ!

画像は、仕事帰りに見つけたワイン・バー「a Tavola」。
















品川駅高輪口にある、カウンター数席だけの小さな家庭料理のお店です。
オーナーさんは、もともとお料理の先生。
私、珍しく、ここでは『飲む』ではなく『食う』です。
一品ずつ小皿でいただくのですが、とっても優しいお味です。美味しい(*^_^*)
先日の異常なまでの眠気の理由って、おそらくビタミン類の欠乏なんだよなあ・・・。
そう思うと、野菜をしっかりいただけるお店はありがたいです。

・・・と、飼い主が表をほっつき歩いているので、猫が座り込みに出ました。

俺の世話もしろよ!
美味いエサもってこい!













ウチに来たときは、両手の輪の中に入るほどしかない小ささだったのに、今や8kgの巨漢猫。
飼い主に圧をかけるほどになってます。


hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

0 件のコメント:

コメントを投稿