2011年7月31日日曜日

「KAITEKI のかたち」展 @スパイラルガーデン

以前から気になっていた、たった3日間の展示。
ネット上で見る初日金曜日の反応も良かったようで、さっそく本日行ってきました。
展示の主は個人展でも、グループ展でもありません。
主催は株式会社地球快適化インスティテュートで、共催は株式会社三菱ケミカルホールディングス。
企業のケミカル技術が主役の展示です。

いざ、会場へ!
入り口には、なにやら丸いコースター状のものがライトテーブルに並んでいます。

偏光フィルムを使った作品だそうです。
この円盤。
ある方向から光を当てると、
柄が浮かぶようになっています。
動植物が見えるんですが、
色は自然色ではありません。
それがまた不思議。
 別物をみているようでした。







ロボット・アームを使った作品も。
レコード盤にセットされた人型がくるくる回り、
そこにロボット・アームが光を当てます。

 画像は、上から光を当てているところ。
そうすると、ほら!
レコード盤の周りにダンスしている人影が。
アームの位置で、ダンスする影も動きます。
動く作品に弱い私、
しばらくジーーーッと見入っていました。


この作品は、センサーが近づく人をキャッチ。
黒いモシャモシャの毛が、
下からの風で
ボワーッと逆立ちます。
この作品の前に立つと、
いい大人がみんな
手をかざしてしまう。
私もやりました、ハイ。
猫が威嚇するときに、
毛を逆立てる
イメージだそうです。



この作品は
シュリンクフィルムを使用。
商品名が刷り込まれた
ペットボトルを包んでいる
あのフィルムです。
3人とも、
女にしてはやけに筋肉質。
まるでボディビルダー風。
作家さん、
こういう女が好きなのか?
フィルムよりも、
そっちが気になる・・・。

コレ! 私が一番興味をもった作品です。

w2m×h1m×d30cmほどの箱に
棒状の光ファイバーが、
横に寝かせて
積み重ねられています。
画像で白く見える点は、
光ファイバーの先端。

そこで、
片面に体を押し付けると、
人型に凹みができ、
光ファイバーは
反対面に押し出され・・・


あ~ら、不思議。
押し出されて出てきた
光ファイバーの先端が
グリーンに光り、
人型が浮かび上がります。

私もやりたかった!
でも、
恥ずかしくてできなかった(p_-)
だれか一緒にいてくれたら、
裏側でゴロゴロ転がったのに。


他にも、いろんな作品がありました。
暗室での展示のため、画像にできなかったものもあります。
企業の最先端技術が、わかりやすく、面白く展示されている内容だと思います。
知的好奇心がかなりくすぐられたかな。
企業技術の展示だけあって、
作品そばに立っている方、見学される方にはカジュアル・スーツもちらほら。
お名刺交換の風景も見られます。
この面白い技術に、具体的な新しい展開があるのかな?
そう思うと、一観客でもちょっとワクワクしますよね。

展示の趣旨は、
震災被害や原発事故などから続く電力不足など、
突然の災害で引き起こされた不快な環境の中で、
改めて「KAITEKI」を考えることだそうです。

ケミカル企業が、面白いことにお金を使ってくれて、
その面白さの延長線上に、何か新しいことがあるかもしない。
日本の企業は、まだまだ元気!
そう将来に希望をもてたことが、私の「KAITEKI」かな。

この展示、明日31日(日)までです。
お時間ある方、ぜひ行かれてね!

hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

0 件のコメント:

コメントを投稿