2011年11月14日月曜日

明日、嫁を迎えます

アタッチメントが壊れていた婆さんミシン。
やむなくアタッチメント無し、素手で勝負していたのですが、爪を縫うという惨事に。
次は指か? というおそれもあり、ついにアタッチメントを購入。

これで安全。

天板の針が落ちる穴に作ったキズ。
針でできるぐらいだから、
きっと他の金属でもなめせるはず。
ドライバーでゴリゴリこすったら、
なんとなくうまくいきました。

これにて、
約10年前に購入した婆さんミシン、
ついに復活です。

でも、アタッチメントがついたら、
天板を打つ音がうるさい。
特に薄い生地を扱うとき。
集合住宅では非常に気を遣います。



そろそろ、新しいミシン検討すっかな。

ということで、横浜キルトウィークへ!

私、ブラザーがお気に入りなんです。
私の使用範囲においては、海外勢と比べても能力的に遜色はないのに、価格はそれよりも低く抑えてくれてます。
展示のキルトも見ずに、まっすぐブラザーのブースへ。

ところが向かいの販売店ブースを勧められ・・・

そして、さして長く迷わず新しい嫁のミシンを決めました。
バジェットの2倍の価格です。
即死(>_<)!

こういうのって、もっと比較して、よーく考えてから買うもんじゃないの?
しかも、予定予算の約2倍ってどうよ?
そんで、ブラザーじゃない外人顔だし。

でもさ、やっぱアノ子がいいんだよ。
アームも広いし、押えや送りの微調整がきくし、静か(コレ一番重要!)だしさ。
大きいから安定感もあるし、作業台も広い(広過ぎ!)だから大きいもの縫えるし。

いろんな考えが錯綜したのですが、その新しい嫁ミシン。
明日、うちにまいります。
今度の嫁は、外人もどきです。
当然、がたいもデカイです。
婆さんミシンのときと違って、嫁入り道具もたくさんあって使えそう。
やっぱ若い子っていいわぁ、楽しみ~(*^_^*)

でも、今一番の問題は、婆さんミシンをどうするか。
私にとっては糟糠の妻でもあり、若い子が来たからといって、ポイってわけにもいかないし・・・。
婆さんだから、故障の治療費も考えなくちゃいけないし。
やはり、しばらくは一緒に過ごすことになりそうです。




そんなことを悩みながら、
リンゴ酒をつけてみました。
レモン、もうちょっと足そうかな。

果実酒を作るときに気になるのが、
実をどこで引き上げるのか。
ネットでも、いろんな意見があります。

引き上げたリンゴって、
何かに使えるんでしょうか?
実がやわいからダメかなあ。

上手にできた方。
レモン、リンゴの引き上げ時、
引き上げた実のリユースについて、
ぜひ教えてくださいませ。



hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

3 件のコメント:

  1. 婆さんミシンって、RCっぽい。(笑)

    返信削除
  2. >とらうとさん
    使い手が婆さんなら、使われるミシンも婆さん。
    年寄り同士の慣れあったペースがあったのですが、ピチピチの若い子みると、どうしてもそっちに目が(笑)。
    ミシンの行く末を我が身に重ねて考えてます。

    返信削除
  3. 若い子と付き合うと身体こわすよ。(笑)

    そろそろ行きますか!?

    返信削除