2013年3月27日水曜日

出張レッスン

依頼があると、たまにやるんです。
幼稚園のお母様団体やら、ご年配の婦人会のような団体やらで、刺しゅうをお教えすることがたまにあります。

ところが、今回のご依頼は、お一人様。
しかも、男性。
さて、どんなことになるやらと思いながら、個人レッスンスタート。

お仕事でもかなり細かい作業をされている方で、想像以上に器用な方でした。
刺しゅうには慣れていないけれども、針運びを知っている。
それだけでも、ずいぶん進みが違うものです。
ご希望の図案がかなり小さかったので、手術用の拡大鏡が登場するなど普段とは大違いの大変面白いレッスンでした。
「人の体の縫合のほうが楽だ」そうです(笑)。
縫合のときの針の形状は、カーブ針だとか。
え! ぬいぐるみ用の針と一緒? 当然、太さなどは全く違いますが驚き。
現在、一般に知られる男性の刺しゅう作家さんは、ほんのわずか。
もしかしたら、芸の細かさで突き進んでいけば、その作風で作家デビューもありかも(笑)。

レッスンの後は、ご趣味を極めたコレクションを拝見。
滅多に見られないものを拝見して、わからないなりに、私も刺激をうけたレッスンでした。
次回はカメラ持参だな。


今年は変わった年です。
10年前の作品を覚えているという方や、刺しゅうに興味のある男性の方、etc...
刺しゅうを通して不思議なご縁に恵まれる年なのかもしれません。
相変わらず人様に支えられている稲垣です。
良いご縁に広がっていく良い作品を作らなくちゃと、あらためて思いました。


さて、帰宅後は、その勢いそのままに制作へ。

長く寝かせていた
古裂を大解体。

レッスンの刺激が
効いたのかしら?

「生かしてくれ!」
そう言っている
古裂の声を聴きました。

使命感を感じて、
燃えてます(笑)!

hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

0 件のコメント:

コメントを投稿