2013年4月7日日曜日

再入校

先日、5月展示の案内状の原稿を印刷所に入稿した。
展示から逆算して、印刷の仕上がり時期と、経費を考慮した入稿時期が先日だったから。

原稿には、当然、展示作品の画像が掲載される。
なんだけど、その画像がなーーーんか変。
区切りを迎えた作品のはずなんだけど、どーーーもイメージが違う。
終わった感じがしないけど、でもこれで終わりのはず・・・。

この不安は、自分の力不足だな。
そう思いながら、撮影。
案内状に編集して、入稿した。

それまでがあまりにドタバタしていたので、作業部屋はとっ散らかり放題。
一段落ということで片付けているうちに・・・

あれ?!   コレ何?

作品の一部が端切れの山の下から出現!
ヤバイよ~~!

と、あわてて作品にくっつけて、再撮影、再編集、再入校!
だって休日だから、問い合わせてもなかなか返事がこないんだもん。
だから、返事も待たず、許可も得ず、勝手にデータを送りつけるという荒療治。


広告の仕事やってると、必ずいるのよね。
ギリギリまで、変更、変更を重ねるクライアント。
理由はさまざま。

会社の方向性が定まっていないために、担当者が発注してから考え抜く。
担当者や会社の気まぐれ。
製品が未完成なのに、競合を意識した見切り発車の不安定さ。
ワンマン社長の気まぐれ発言、etc...

理由はどうあれ、変更することで訴求効果が深まらなければ、制作会社や印刷所の労力は単なる経費の上積みにしかならない。
意味のある変更とはいえないよね。

今回の変更。
忘れていたパーツがあると無いとでは、作品の見え方が大違い。
変更に意味はあるんだけど、原因は私の制作ミス。
意味がある訂正だけど、印刷側からすると単なるポカ。
あ~、今回は自分がイヤなクライアントになっちまったなぁ(>_<)

さて、案内状どうなるんでしょうか?
1週間後の仕上がりを見るのが、恐怖心とワクワク感とで、ワタシ、どろどろです(笑)。


本日、
休日ながら出勤。

出勤前に、
願掛けに寄った神社。
強風で散った桜で、
ピンクに染まる地面。

どうか、案内状が、
ちゃんと刷れますように!




で、その展示とは・・・

『CEATURES OF FABRICS』
布から生まれた動物たち
5月17日~19日 11:00~20:00(※最終日~18:00)
hako Gallery 渋谷区西原3-1-4

たった3日間の展示なので、イベントやります。


●1Coin手芸会『布のコサージュを作ろう!』 ¥500/1個
仕上がりは、3月6日Blog を参考にしてください。
17日(金)、18日(土) 両日ともに12:00~、15:00~、18:00~
所要時間は30分~1時間。
材料・道具は用意がありますので、手ぶら参加OK。
材料準備のため、参加希望の方はメールに事前にご一報願います。


●Swingy Velvet ミニライブ
19日(日) 13:00~、15:00~
スタンダードナンバーでのハーモニーを用意してくれるそうです。
Swingy Velvet のブログで、活動内容もチラ見できます。


hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

0 件のコメント:

コメントを投稿