2013年5月26日日曜日

先の展示には、大地の動物のほかに空飛ぶ動物もいたんですよ。

小さな金の鳥。

10年ほど前に作ったもの。
さすがに色あせたけど、
逆に雰囲気が落ち着いて
品格が出てきた。

ビーズの劣化なんて、
まるでアンティークみたい(笑)。
(photo by
 Takesi Takahashi)


これのほかにも、並びに小さな鳥が、青、赤、黄色。
そして、上を見れば、やはり青、赤、黄色の鳥が羽を広げていたんですよ。


入口近くにあった青い鳥。

初日は、
高い位置にあったので、
気付かない方も^_^;

(photo by
  Takesi Takahashi)






部屋の中央部に
赤い鳥。

上の画像と比べて、
ピンがボケてるのは、
撮ったのがオイラだから。
スンマセンm(__)m




そして、
部屋の奥には黄色の鳥。

この鳥の下で、
Swingy Velvet が、
「翼をください」を
歌ってくれました。
(photo by
  Takesi Takahashi)



このうち、数羽がお嫁に羽ばたいていっていきました。

鳥は、昔から信仰や人間の期待を象徴する動物とされています。
魂の再生、飛翔、精神の開放の意味。
また、幸せや希望を運ぶものや、神のお告げを伝えるもの。

作っているときも、
小さな鳥には、身近に満ちている大きな幸せが感じられるように、
大きな鳥には、希望に向かって力強く羽ばいていくように、
そんな気持ちを込めて、一針入魂で作ってました、ホントに(笑)。
(そういう強い感情や信念を動機としてもたないと、作り続けられないのよね^_^; )

だから、きっと鳥たちは、嫁ぎ先でもセッセ、セッセと幸せを運んでいるはず。

ぜひ幸せをつかんで成功なさいませよ!


hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

0 件のコメント:

コメントを投稿