2013年6月9日日曜日

酒茶論@品川

先日、品川で妙齢すぎる女性4人が集まって女子会。
みんなの足の都合を考えて、場所は品川でした。

まずは、薬膳中華『10ZEN』にて食事会。

デトックスや美肌などをうたった鍋が女性に人気の店です。
かなり混んでいるらしく、予約時から「2時間になります」との話。
慌ただしくならないように、時間がかかるという鍋料理だけは予約時に注文しておきました。
男性店員が頻繁にテーブルを見に来るんだけど、ちょっとそれがうるさいくらい。
しばらくすると、待っていたかのように「空いたお皿をおさげしまーす」と言いながら、こちらの返事を待たずにガチャガチャと音を立てて片付け始めました。
まだお酒が残っていたグラスまで持っていかれて、テーブルの上はすっからかんです。
ずいぶん失礼な店員だと思ったものの、そろそろ2時間なのかも。
と思ったら、まだ30分以上も時間があるじゃないかい!
こんなに店員に追い立てられるように食事をした店は初めてだったな。

そこで、場所を変えて近くのホテルのロビーに移動し、近況の報告会。
さすがにホテルには失礼なスタッフはいないし、空間もゆったり。
「うわ~、自宅でくつろいでるみた~い」という声が出たくらいだから、きっとみんなも追い立てられて気持ちが落ち着かなかったのかな。
いや~、よく話す、話す。
止まらないかと思うオバサントークでしたが、ここでいったん終了。

別れを惜しみつつも、まだ時間に余裕のある2人で気になる店を覗くことに。
それが、日本酒古酒の専門店『酒茶論』。

来て良かった!
10ZENの不愉快さを帳消しにして、なお楽しい夜の思い出に塗り替えるほどに良いお店。
先に帰った2人には大変申し訳ないくらいにおいしいお酒をいただきました。
しかも、日本酒の概念が覆るくらいにおいしい古酒を。


私たちがいただいたのは、
新旧飲み比べセット。

ともに、『貴醸平安造り』ですが、
若いお酒(画像右)と、
20年経った古酒(画像左)。

若い日本酒は、
麹の甘さが強くてビックリ。
これは体によさそうだ。

一方、琥珀色になった古酒は、
カラメルのような香ばしさがある。
何も加えてないというのに・・・。
美味すぎる!




肴には、豆腐の三種盛りを。
画像右が燻製、味噌漬け、湯葉。
全部、お豆腐です。
これがまたお酒に合うのよね~(*^。^*)








カウンターには古酒がズラリ。
麹の力と古酒の力強い香りで、
美容にも良い気がします。

展示のために滞っていた
人付き合いも、これにて一段落。
来週からは、
普通の生活、落ち着いた制作に
戻ります。

hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

0 件のコメント:

コメントを投稿