2013年7月21日日曜日

室内履き制作と蝉の抜け殻

午前、身の回りの整理。
昨晩に差し上げた小さなプチポアンをキーホルダーの形状に。
画像を撮って、相手先に送信。

午後、ジム。
運動の前に、脈拍、心拍数、体重を測ることになっているのだが、・・・あ!
太ってる! ジム始めたのに、太ってる(>_<)!
よっしゃ、来週からはヨガ復活させなくちゃ。

帰宅後、酔拳手芸会の分も含めて室内履きの制作。
材料すべてリサイクルにて、8足分を作る予定。

そうそう、その酔拳手芸会
今回、急な連絡になってしまったので、ご都合がつかない方も多いようです。
ならば、少人数でじっくりとブランドでのテイスティングをやってみようと思っています。
ラベルを隠して、自分の味覚を頼りに、あーでもないこーでもないとやってみようかと。
ただ、私は毎日ワイン情報に触れる立場にないので、なかなかチョイスが難しい。
なので、自分の好きなワインと、外れ無しと思われるラインを混在してやっちゃおかな。
どうでしょう? 一度試してみませんか?



そんなことを考えながらの帰宅中、
蝉の抜け殻を発見。

コンクリにしがみついて、
劇的な巣立ちを迎えた蝉の跡。

子供のころ、集めたことあったな。

白い糸は、人間でいうへその緒?



こういう命の証を見ると、不思議に自分の内なる力を感じます。
どんなに小さなものであっても、すべてのものに命があって、そのたくさんの命がうごめく中で、自分が生かされていることを実感できる。
小さなお子さんをお持ちの方は、ぜひ、お子さんに自然に振れるチャンスを与えてほしい。
学校の授業とかネット情報だけでなく、もっともっと大きな未知なる世界があることを、五感にリアルに訴える体験を通して知ってほしい。
そうしたら、学校でのイジメも家庭での小さないさかいも、小さなことに感じられる気がします。

・・・って、アタシには子供いないけどね^_^;

hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

0 件のコメント:

コメントを投稿