2013年10月9日水曜日

上野・日本館



 
 
先日、深海展に行ったところ、
同チケットで
日本館に入ることができました。
 
 
深海展の最後は、
こんな着ぐるみに見送られるのだ。
研究者もノリノリの感じ(笑)。
 
本人が楽しんでいる仕事は、
周りも楽しませることができる。
これはどんな仕事も同じですな。
 
 
 
 
 
さて、日本館は、国立科学博物館の旧本館にあたる建物。
現在は、日本の生態系や地学、地歴などを常設展示している建物です。
美術館で常設展というと、イベントの合間の場つなぎって感じ。
期待できないけど、せっかく来たし初めてだから見てみるか、と入ってビックリ!!
 
東京って、ホントに恵まれてますよ。
こんなに美しい空間に、こんなに充実したものが常設されてるなんて!
 
まず、空間が美しい!
ネオ・ルネサンス様式だそうで、現在、重要文化財です。
3階、最上階に到着すると、白壁に映えるステンドグラスがお出迎え。
均整のとれた天上ドームや、壁に彫られた意匠が実に素晴らしい!
 
地上階は真ん中が吹き抜けで、広がりを感じる空間。
下を見ると、八芒星のタイルが。
(展示中のパネルで隠れてしまって残念^_^;)
真っ白なドームの広がりと八芒星。
宇宙のイメージ!
しばし展示を忘れて建物に見入ってしまいました。
 
展示もまたスゴイんだな、これが。
結構なコレクションが、モダンに展示されていました。
大人も子供も、家族もカップルも楽しめます。
 


急いで回った地上階の展示物で見過ごせなかったのがコレ。
データが残る限りの日本で起きた地震の分布図です。
緑の線が日本の輪郭。
そして、赤やピンク、青、緑などの●が、大きな地震震源。
日本の輪郭がわからないほど、地震が起こっている。
いくつかの大きなプレート接点にあり、揺れることが確約されている国が日本です。
こんな状態の国に、原発ってどうよ?
保障なんて、あってないも等しい気がします。
もっと安全なエネルギーを考えたほうがいいよな。
事実に基づいたデータだけに説得力がありすぎる。
日本館で密かに脱原発を訴えるデータ。
そう思ったのは私だけでしょうか?
 
今回は、時間切れにて、地下展示はあらためて。
階段脇で、何やら揺れているものが・・・フーコーの振り子だ!
クソ~! これは時間かけて見つめてなくちゃいけないんだよ~!
これを見下ろしながら、地球の自転について子供に解いていたお父さんがいました。
お父さん、ステキすぎる(*^。^*)
お宅のお父さん、説明できますか?
 
ココ、もう一回、しっかり時間に余裕をもって行きたいな。
できたら、建築に詳しい方とか理系の方と一緒に回るツアーとかないのか?
皆さん、特にお子さんがいるお宅には、オススメ。
見どころ満載、学び満載ですよ。


hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

0 件のコメント:

コメントを投稿