2014年5月18日日曜日

作品の発送を始めました

展示会場でお嫁入りが決まった作品の送付を始めました。
作品サイズに合わせた箱の準備にお時間いただき、ちょっと遅れました。


だって、立体だったりするから^_^;

特にヒグラシちゃんたちは、
梱包に気を遣っちゃうのよ。
特に触角ね。







六角形でも、小箱なら扱いはも少し楽。
だけど、手元に届いたら内側はそっと使ってね。






内側は、『黄金の間』になってるのさ。
だって、王様シリーズだから。
へそくり貯めて、どーんと増やしてください(笑)。




その展示終了から、1週間。
やっと平常の日々に戻りつつあります。
しばらく休んでいた仕事もバリバリやらなくちゃ。



仕事で大手町に行ったとき、
必ず1回はランチする屏南(ピンナン)。
酸辣刀削麺は食べずにいられないのです。





そんなグルテンづくしもいいけど、展示の後はオイシイもので癒されたい。
プロが選りすぐった食材に手をかけて作ったお料理をサーブしてもらいながら、ワインをいただく。

そんな夢を見ていたら、幡ヶ谷のフレンチ『オー・ペシェ・グルマン』に誘ってもらいました。
ワタシ、夢どころか、強い念でも発していたのでしょうか?

お値段も良かったけど、期待以上に美味しかった!

フレンチならではの、
食の職人技が詰まってるお味でした。
ワインも素晴らしかったけど、
お料理の振り幅が深くて広い!
癒されるどころか、感動する食事でした。




展示会場で皆さんが撮ってくれた画像見てると、制作での疲労感がバッチリなんですよね。
前日までの徹夜続きやら、食事時間がもったいなくてすすってたカップ麺やら。
そんな体に悪いものが顔ににじんでむくんでいる。
若いころの疲れた表情とは違って、老齢性の疲労のため方ですな。

たった数日とはいえ、人前にでる身なんだから、もっと美しくせねば!

とは思うものの、どうすりゃいいんだ??
来年の課題です。
そう、来年もやるので、皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

終了後に癒す手段はあれこれあるけど、事前の劣化防止のなんと難しいことよ。



hiroko Inagaki art work

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ

0 件のコメント:

コメントを投稿