2015年6月9日火曜日

鳥獣戯画展

ここのところバタバタしていたので、数日前を振り返って・・・

東京国立博物館でやっていた鳥獣戯画展に行ってきました。
終了数日前のこと。

前人気からかっ飛ばしていた展示です。
会場の平成館に入るだけでも、連日1時間待ちのアナウンス。
こんなことは博物館のプロなら予測できただろうし、会期や時間帯に工夫してほしかったな。
「とにかく待つ」「弁当もってけ」などのアドバイスをもらって、いざ鎌倉!

幸い、私が訪れたときには待ち時間なしで入場。
が! 会場内では、メイン展示鳥獣戯画甲巻に160分待ちの長蛇の列。
平成館でとぐろを巻く列を見ただけで、根性なしの私は甲巻パス。
他の展示だけを観てきましたが、それでもそこそこ満足できましたよ。
鎌倉時代の漫画に表された庶民の遊びや表情がよくわかりました。

そう、漫画ですよ、漫画。
だから、とってもわかりやすくて面白いの。
だから、みんな160分でも待ってみようとするんですよね。

ミュージアム・ショップで買ったお土産。
これを買うにも、レジに30分ほど並ぶのよ(-_-;)

カエルの汲み出しと一筆箋。
カエル君は人気者で、柄になったTシャツは完売でした。
汲み出しだけど、実際は日本酒か梅酒で使います。
カエル君、一緒に呑もうぞよ!

hiroko Inagaki art work

0 件のコメント:

コメントを投稿