2016年10月23日日曜日

タコの嫁入り

昨年秋ごろから、人生の激変が一度にやってきた感がありました。

何がなんだか分からない。
でも、止まるわけにはいかない。
だから、とにかく「前へ、前へ!」。

 そんな気持ちで作っていたのがタコ。

 
だからかな?
仕上がったタコは、興奮して赤くなり、攻めの姿勢です(笑)

私の人生の激変をそばで見つめて、受け止めてくれていたのが、このタコ君です。
(なぜか、私の中では男性格になっている)


そのタコ君、ご縁がありまして嫁ぐこととなりました。
嫁ぎ先のご家族は、みんなリアル系生き物がお好きだとか。
待ってました!感で迎えていただける、大変ありがたいご縁です。

普通、刺繍作品でテーマになるのって、花とか風景画とか。
タコはマニアックすぎて縁づくのは難しい。
そう思っていたけど、タコ君、じっと縁を待っていたんだね。
 自分が自然にしていられる場所に、
「ボク、行くよ」ってすっと身を滑らせて行った感じ。

作り手として大変嬉しい見送りです。
さよなら、タコ君。

 


私の作るものは、手芸系にはウケが悪いだろうと思います。
なのに、こんなに共鳴してもらえる方がいるんだなぁ。
この方向のままで作り続けていいかも。

ご家族と話してたら、自分を認めてもらえたような感じになって勇気でた(笑)
ちょうど、次の展示のテーマで悩んでいたのよねぇ。
難しいと思ってたけど、ちょい方向性が見えてきたぞ。

戦友を見送ってしんみりしながらも、
やる気がわいて前向きになった週末でした。


hiroko Inagaki art work

0 件のコメント:

コメントを投稿